ZEALOTエンジニアブログ
eb

AWS Elastic Beanstalkを使ってみました

Pocket

はじめまして、mochiです。

今回あるプロジェクトでAWS Elastic Beanstalkを使ってみました。 AWSではEC2のセットアップやDynamoDBに触れたことがありますが、今回初めてElastic Beanstalkを使用してみたまとめとして書ければと思います。

AWS Elastic Beanstalk とは

AWS Elastic Beanstalkは、RubyやNode.jsまたDockerなどを使用して開発されたWebアプリケーションを、ブラウザからの操作で簡単し構築したりサーバへのデプロイを行うことができるサービスです。

もちろんブラウザからだけではなく、コンソールからもElastic Beanstalkの構築やデプロイまたサーバの状態確認も行うこともできます。

Elastic Beanstalk セットアップ

まずはAWSのサイトにログインをしましたらElastic Beanstalkの画面を開きます。

aws_top

今回は開発言語にRubyを使用したいので、プルダウンメニューの中からRubyを選択します。 あとはLaunch Nowボタンをポッチと押してくだい。 ここでしばし待ちアプリケーションに必要なものを自動的にインストールをしてくれサーバを立ち上がることができます。

eb_ruby

Elastic Beanstalk デプロイについて

また、今回のデプロイの方法としてブラウザでわざわざAWSにログインして行うの面倒なためコンソールからも行えるようにしました。

AWS Elastic Beanstalk Command Line Tool 設定

コンソールからのデプロイにあたって最初にebコマンドを設定する必要があり「AWS Elastic Beanstalk Command Line Tool」サイトからzipファイルをダウンロードしてください。 (※環境はMacでの作業として進めます。)

ダウンロードが完了しましたら、zipファイルの解凍し任意の場所へ配置をしてください。 (私は/usr/localに配置しました。)

配置が終わりましたら、.zshrcまたは.bash_profileファイルにパスを追記してください。

ebコマンドは設定は以上です。
確認で「eb –version」を入力しバージョンを表示してみてください。

Gitリポジトリ 設定

デプロイを行うにあたりGitリポジトリに対してアプリケーションの設定も行う必要があります。

先ほどダウンロードしたファイル内に設定用のスクリプト(AWSDevTools-RepositorySetup.sh)が用意されているので、
これをデプロイ対象のリポジトリで実行してください。

このスクリプトを実行することによってGitクライアントの拡張設定が行われます。

実行しましたら、続いてElastic Beanstalkの環境設定を行います。

環境設定の入力が無事終わりましたら、
gitリポジトリ内に .elasticbeanstalkファルダとその中に環境情報のconfig作成されます。

またホームディレクトリにも .elasticbeanstalkファルダとaws_credential_fileが作られます。

ここまできたらすぐにでもデプロイを行いたいところですが、
pythonのbotoモジュールが必要なためインストールを行ってください。

インストールが終わりましたら。 デプロイを行います。

deploy

お疲れ様です。 上記のような画面が表示されましたら無事デプロイが完了しました。

Pocket